Discography

Chiami’s
発売年月日 型番 価格 メーカー 販売サイト
2016.2.22 NKJ-015 2000円(税込) Nekojyujisya iTunes amazon 通信販売 ダウンロード
1 歌詞
作詞・作曲:Chiami   編曲:白井太久


What you think about?
Why do I wonder…, Uah
同じ夢 何度見ても
終りなど どこにある?


光、見つけて
光よ、照らして
tsutsumarete…tsutsumareyou
ここに在るから
ここで笑うから
Fuah…fuah


Just be myself
Just be yourself…, Uah
ちゃんと見てて
ちゃんと聴いてて
Uah…uah

※※
君の光が
私の光へ
aerunara…aitaiyo
こころはやがて
解き放たれるから
Fuah…fuah


※Rep.

※※Rep.

Fuah…fuah…
Fuah…fuah…
Fuah…fuah…
2 Name 歌詞
Name
作詞・作曲:Chiami        編曲:白井 太久


☆あなたを待つの
If you know my name
楽しんでから あの場所へ
流れる時は
It's god's magic
引き潮の浜 貝の声聴いてた


古いたくさんの名前あるから
誰も私を呼べない
もの言わぬ静かな何かに
宿っているの

普通なの 異常なの
くりかえす過ち
大事なの いらないの
しがみついてばかり

☆Rep.


たとえ不条理の街に住んでも
うつし世は夢だと
分かってれば so clear
「真実」
あなたの名前

手荷物を増やしては
動けなくなってく
気づいてよ、気づかない
手放して得ること

はしゃいだ後は 虚しくて
寂しいときは 悲しいよ
取り戻したい音楽は
風で揺らめく木々だけが
知ってる

☆Rep.
If you call my name…
3 F ~forever~ 歌詞
F ~forever~
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久


遊歩道ふさいで
だらしなく落ちる葉は
木漏れ日を浴びて
煌めくの 消えゆく前に

海へ来て、ひとり
波の青・・・焼きつく
あなたに見せたかった

わたしを優しく守るように
昼下がりの落とす影が 伸びていた
うつむいてる あなたに、似ている


過ぎた行き違い
繰り返し心の中
やり直すけれど
あなたには届かないのね

ふいに来る波が 足元をすくうよ
重力、戸惑うほど

※明日は昨日の続きじゃない
わたしも変わる
刻むFをなぞったら
外したリングは捨てるわ
あなたが好きだった潮の香り
抱きしめてみる
叶うならば もう一度
あなたの肌 やさしく、撫でたい


砂に残した イニシャルのFを
そのままに 振り向かない
永遠 祈るために…

※Rep.
4 花と石 歌詞
花と石
作詞・作曲:Chiami   編曲:白井太久


11月の晴れた日
君はくれたね この花を
全身で よろこびを与え 捧げて
尽きたなら 音もなく
散ってゆく

Ah 花の精が歌うよ
Ah とても美しい波長で


11月の寒い日
海で拾った この石を
変哲もないけれど いつか 君より
何よりも
長くそばにいたから

あの日に帰りたいんじゃない
Ah 私を抱きしめてあげたいから


Ah 人は受け取るだけで
Ah せめて讃えて歌いたいから

Ah 花と…
Ah 石と…
Ah 人は…
あの日に…
Ah せめて…
あしたは…
5 Noto 歌詞
Noto
作詞 Chiami
作曲 Chiami&白井太久
編曲 白井太久


幼い私は
あなたのまごころ 気付けず・・・Mm
変わらぬ強さとやさしさ
いつか帰り着く ふるさと Fuu・・・

※静かに輝く緑は 能登の里山 Uh
いつでも待ってる 涙も 受け止めてくれる
出逢いと別れを繰り返して
たどり着く場所

I belong to you・・・


お守り代わりの
恋路行きの切符 握って・・・Uh
列車の窓から見つめた
日本海の波 光って Fuu・・・

寄せては返す灰色の 能登の里海 Uh
私の心は あなたを 求めて帰るから
照れながらつないだ 大きな手が
今も恋しい


疲れた背中を守るように
包む温かさ
ことばはなくても うなずいて
微笑んでくれる
御陣乗太鼓が遠く聴こえる
能登が、待ってる
6 酔闇星 歌詞
酔闇星
作詞・作曲:Chiami            編曲:白井太久



Ah Ah―Ah Ah Ah Ah
イヤになるよ
もうーOh Oh Oh Oh
はりさけそう
この声は どこに届くの?
たすけて

ヒトの数だけ 思惑があって
互いをへし合って 自分を生きる

こんな泥濘(ぬかるみ)の 昨日を生きれば
同じ歌を うたって 喉はカラカラ

Ah Ah―Ah Ah Ah Ah
否定しないで
頭がもう 割れそうになる
獣たちの爪が私に 刺さるよ

Ah Ah―Ah Ah Ah Ah
酔う闇に
新しい朝 やってくるの?
私を受け止めて くれる
明日は必ず来るの?

Ah Ah―Ah Ah Ah Ah
イヤになるよ
もうーOh Oh Oh Oh
はりさけそう
この声は どこか届くの?
たすけて

Ah Ah―Ah Ah Ah Ah
酔・闇・星
もうーOh Oh Oh Oh
おかしくなる
この声は どこに届く?
お願いだよ たすけてほしい
7 stay here 歌詞
stay here
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久


何もできないから 自分がはずかしくて
ふがいのなさ もどかしいよ 
弱いこころ、変われない

そんな僕でも君は 
そのままでいて、と言う
頑張らなくても元気な顔 
見せてくれたらいいと

生きて生きて ただそれだけでいい
特別な意味など、なくて
いつもそばで 笑ってくれたなら
いのちは自然に輝くよ
かさねた 手と手 あたたかいね Mmm
あたりまえに 君がいる、奇跡


明日という未来には 
希望ばかりではない
だけど自分を信じてみるよ 
君を信じるように

いつか君が かなしみにくれて
すべて無意味に思っても
いつもそばで stay…
さりげなく咲く花のように
つないだ 手と手 握りしめるよ
まもりぬいて かけがえのない、絆

生きて・・・
生きて生きて ただそれだけでいい
特別な意味など、なくて
いつもそばで stay・・・
さりげなく咲く花のように

つないだ 手と手 握りしめるよ
まもりぬいて かけがえのない、絆
きっと まもりぬくよ
かけがえのない、絆・・・
8 目を閉じて 歌詞
目を閉じて
作詞:Chiami
作曲:Chiami・白井太久
編曲:白井太久


目を閉じて 夜の帳に
ゆるやかに 今日を振り返る

憎しみと愛が絡まる
やるせなさは 砂を噛むよう

※ごめんね 全てを
手に入れたい 壊したい
Ah あなたに
ただ 分かってほしくて
叫ぶ理由(わけ)を…


目を閉じて 「いま」の終わりに
安らかに 過去を振り返る

あんなに言い争ったことも
強い想いの行き違い

ごめんね すべては
愛してると言えずに
Ah 今ならば
ありがとうと 素直に
伝えられる

※Rep.

許せぬ気持ち・・・いつか
流せるか?
壜の中、詰めて

Ah・・・全てを
手に入れたい 壊したい
Ah あなたに
ただ 分かってほしくて
叫ぶ理由(わけ)を…
9 光の地図 歌詞
光の地図
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久


会えない時間 遅い出会いさえにも 意味があるから
悲しみや苦しみも 君を包むやさしさに変わる

強い風にゆく手を 阻まれた列車の中で
「愛してる」だけじゃ 言い尽くせない 思いを交わした朝

君のため生きることで 僕に 
叶えられる 新しい地平があるよ
夕暮れに 戸惑わぬ 光る地図 照らす方へ行こう


やりきれない日は 温かな君を抱いて 眠りたいのに
誰のせいでもなく 待つことしか 今は出来ずに

君が選んだのなら 駆け足で迎えに行くよ
覚悟の約束 二人の絆を 守る傘になるよ

僕にだけ 見せる子供のような
笑顔が見たいから 僕も微笑むよ
隠してた君の声 夜の窓 ひらく魔法だから

※君のため生きることで 僕に 
叶えられる新しい地平があるよ
夕暮れに 戸惑わぬ 光る地図
照らす方へ行こう
光の地図、抱いて

※Rep.
10 Her story 歌詞
Her story
作詞 Chiami
作曲 Chiami&白井太久
編曲 白井太久



新しい年 訪れてすぐ
夜が明けるころに
やってきた あなた
狭く苦しい 道のりを経て
生まれ降りたのね
命かけて

Ah 与え守ってるつもりが
あなたに導かれて 教えられてる
見え出した眼がわたしを探す
まっしろな 明日の扉は
奇跡という運命をひらく


痛み、辛さも
一緒だったから
大きくなってく あなたの姿を
見つめると ふいに
こみあげるよ
何度も、ありがとう
伝えたくて

Ah いつか友や愛を知って
命を繋いでゆく 物語つむぐ
小さなその手は握りしめて
煌めく未来をいま
懸命につかもうとしている


どうして わたしの元
選んで来てくれたの?
ずっと 前から
約束してたから


Ah 与え守ってるつもりが
あなたに導かれて 教えられてる
小さなその手は握りしめて
煌めく未来をいま
懸命につかもうとしている
11 E.u.a 歌詞
E.u.a
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久



E・u・a ささやく 木々の精たち
まどろんだ とわの森に
ふわり浮かんで 誘うように踊る
今と過去が手をつないで

私の葉っぱに ためた朝露を
ほら、飲みほして
大切なことは いずれまた出逢うから、眠ろう

E・u・a 陽気に 弾けるような
よろこびを いつもくれる
時にいたずら 仕掛けては笑う
光、影をすり抜けて

まだことばのない 世界に生きてる
あの、幼子は
魔法の調べで 木々の精たちと話せるの

E・u・a 緑のざわめきにゆだね
愛のロンド聴いている

どこへ行くの?・・・E・u・a
ここに居るよ・・・E・u・a

E・u・a 誰より知っているのね
忘れてた古い本に
ずっと前から しまわれた手紙
時を隔て開かれた
あなたの声、はばたくの・・・
12 Plaisir 歌詞
Plaisir
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久




まどろみ 聴いてた雨音
激しく うちつけてる

泣いているの? 私のように
そっと触れた雨粒

泣いていいの? この空のように
「私」を洗い流して


果てなく続いた 草原
疲れを知らぬ足で

どこまででも 走り抜けたら
はっと気付く よろこび

どこへだって 行けそうな風が
自由を 呼び覚ましながら


泣いているの? 私のように
そっと触れた雨粒

泣いていいの? この空のように
「私」を洗い流して
どこへだって 行けそうな風が
自由を 呼び覚ましながら
13 Wind of the Hill 歌詞
Wind of the Hill
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久




動く雲が 影をおとし
草原を移動してゆく
私は身動きもせず
その影を見つめてた

風は時に 行く手はばみ
時に背中 押してくれるね
私は怖がりで、Ah 耳 塞ぎ
逃げていた

せせらぎに渡す 遊歩道は
まだ見ぬ地平 示す矢印

パラグライダー突き抜ける風と
話すため来たの、この丘

名もなき花を 揺らしてる風よ
撫でてほしい 頬をやさしく


こころ解き放ち 許したくて
記憶に沈む 憎しみも今

名もなき花を 揺らしてる風よ
撫でてほしい 頬をやさしく

いまなら 雲の影 たより追って
飛び立つわ もう、迷わず