Discography

The lay of the Land
発売年月日 型番 価格 メーカー 販売サイト
2015.9.27 NKJ-014 1800円(税込) Nekojyujisya iTunes amazon 通信販売 ダウンロード
1 The lay of the land 歌詞
The lay of the land
作・編曲 白井太久
2 ドラゴンの翼 歌詞
ドラゴンの翼
作詞 Chiami
作・編曲 白井太久


どうしてこんなに 傷つけられて
生き続けないと いけないのでしょう
報われる日は 来るのでしょうか
書き溜めた手紙 届くのでしょうか

寂しい、悲しい そんな想いが
私の姿を変えてしまった
透明な時に 漂いながら
光と溶け合い はばたけたなら

祈って下さい あなたの声が
私に翼、与えるから

閉じ込められた心、いつかは
解き放たれると 信じられたら
震えながら 泣いてるドラゴン
あなたが来るのを ずっと待ってる
あなたが来るのを ずっと待ってる
3 La flor roja de córdoba ~コルドバの赤い花~ 歌詞
La flor roja de córdoba ~コルドバの赤い花~
作詞:Chiami
作・編曲:白井太久



忘れないコルドバの日を
花の小径をゆく君がいたよ
円柱の森に隠れて 
戸惑う僕を見た 悪戯な目

アンダルシアの風をまとい駆けてく

なびかせた黒髪 少しかすれた声も
僕の胸に焼き付いて離れず まぶしく輝いた
想いでは鮮やかで・・・


覚えてる コルドバの夜 
仄暗い灯りに照らされてる
君の肩 そばにいるのに
抱き寄せてみたって 君は遠く

掴みきれない もどかしさがつのるよ

燃えるような想い 君は知っているね
罪のように甘く微笑み 
ふいに目を伏せた 君は
愛なのか 夢なのか


アンダルシアの風をまとい駆けてく

なびかせた黒髪 少しかすれた声も
僕の胸に焼き付き まぶしく輝いてる
罪のように甘く微笑み 
ふいに目を伏せた 君は
コルドバの赤い花・・・
4 E.u.a 歌詞
E.u.a
作詞・作曲:Chiami
編曲:白井太久



E・u・a ささやく 木々の精たち
まどろんだ とわの森に
ふわり浮かんで 誘うように踊る
今と過去が手をつないで

私の葉っぱに ためた朝露を
ほら、飲みほして
大切なことは いずれまた出逢うから、眠ろう

E・u・a 陽気に 弾けるような
よろこびを いつもくれる
時にいたずら 仕掛けては笑う
光、影をすり抜けて

まだことばのない 世界に生きてる
あの、幼子は
魔法の調べで 木々の精たちと話せるの

E・u・a 緑のざわめきにゆだね
愛のロンド聴いている

どこへ行くの?・・・E・u・a
ここに居るよ・・・E・u・a

E・u・a 誰より知っているのね
忘れてた古い本に
ずっと前から しまわれた手紙
時を隔て開かれた
あなたの声、はばたくの・・・
5 Her story 歌詞
Her story
作詞 Chiami
作曲 Chiami&白井太久
編曲 白井太久



新しい年 訪れてすぐ
夜が明けるころに
やってきた あなた
狭く苦しい 道のりを経て
生まれ降りたのね
命かけて

Ah 与え守ってるつもりが
あなたに導かれて 教えられてる
見え出した眼がわたしを探す
まっしろな 明日の扉は
奇跡という運命をひらく


痛み、辛さも
一緒だったから
大きくなってく あなたの姿を
見つめると ふいに
こみあげるよ
何度も、ありがとう
伝えたくて

Ah いつか友や愛を知って
命を繋いでゆく 物語つむぐ
小さなその手は握りしめて
煌めく未来をいま
懸命につかもうとしている


どうして わたしの元
選んで来てくれたの?
ずっと 前から
約束してたから


Ah 与え守ってるつもりが
あなたに導かれて 教えられてる
小さなその手は握りしめて
煌めく未来をいま
懸命につかもうとしている